グローバル アラムナイ スピーカー シリーズ

このプログラムは卒業生とICU生がオンラインで交流する場を提供する隔週のシリーズです。世界で活躍する卒業生がライフストーリーを共有し、参加者とディスカッションを行います。1時間のセッションでは、卒業生がまず15分ほどのプレゼンテーションを行い、その後参加者と対話します。卒業生がICUでの経験をどのようにその後の人生に活かしているかに触れ、ディスカッションを通して互いから学び合うことが目的です。現役 ICU生及び卒業生にご参加いただけます。

各セッションへのご参加を希望される方はご登録ください。
(ご登録後、ズームのリンクをお送りします。)


今後のセッションにご登壇いただける卒業生を、自薦・他薦を問わず募集しています。ご関心のある方は、information@jicuf.orgまでご連絡ください。

第1回: 川島正子さん (ID75)
10月15日(木)午後8時〜9時JST

このセッションは日本語で行われます。 30名までご参加いただけます。*現役学生の参加を優先します。

川島正子さんは起業家、翻訳者、イベント・プロデューサー、ブッキング・エージェントと多彩なキャリアを持つ、フローズン・ヨーグルトのSno:la創業者。現在ロサンゼルス在住。

定員に達したため、登録受付を終了しました。
登録受付を終了しました。

第6回: 坪田 駆 さん
2月10日(水)午後9時〜10時JST

このセッションは日本語で行われます。

坪田駆さんはSAPジャパンのシニア・プリンシパルとして日本企業の事業変革を支援するプログラム設計や事業戦略をリード。SAPはドイツが本拠地のビジネスソフトウェアの開発・販売を手掛ける世界最大級のソフトウェア企業。この秋まで3年間シリコンバレーのSAP Labsで日本向け事業の責任者を務めた。現在は東京在住。

参加登録

第7回: 宮崎 皓司 さん
2月24日(水)午前11時〜午後12時JST

このセッションはバイリンガルで行われます。

宮崎皓司さんは世界有数のベンチャーキャピタル及びコーポレート・イノベーション・プラットフォームであるPlug and Play (PNP)の日本企業担当ディレクターを担当。PNPは毎年200社以上のスタートアップに投資をしており、400社以上の大企業のイノベーション戦略を開発。ディレクターとしてパナソニック、任天堂、NECなど、80社の日系企業パートナーを統括。

参加登録
  • 第1回 (2020/10/15): 川島正子さん

    川島正子さんは起業家、翻訳者、イベント・プロデューサー、ブッキング・エージェントと多彩なキャリアを持つ、フローズン・ヨーグルトのSno:la創業者。現在ロサンゼルス在住。(ID75)

    第2回 (2020/10/30): 林磨理人さん

    林磨理人さんはハーバード大学医学大学院の神経科学博士研究員。ICU高校・ICUを卒業後、カリフォルニア大学サンディエゴ校で博士号取得。現在はボストン在住。(ID07)

    第3回 (2020/11/5): ポール静さん

    ポール静さんは、ダンスケ・インベスト・マネジメント、ルクセンブルク支社の投資ファンド管理シニアオフィサー。大阪、ストックホルム、ボストン、ニューヨークを経て、現在ルクセンブルク在住。(ID98)

    第4回(2020/12/14):堀内佳美さん

    堀内佳美さんはタイを拠点に活動するNGOアークどこでも本読み隊(英語名Bookworm Foundation)代表。生まれた時から目が不自由で10代後半に完全に失明。アメリカ、タイ、インドでそれぞれ1年ずつ学ぶ。現在は高知でテレワークしつつタイへ戻る機会を待つ。

    第5回(2021/1/14):松岡由美子さん

    松岡由美子さんはICU卒業後、バークリー音楽院に留学。現在同校聴音(Ear Training)学科教授。同校学生時代にアカペラアンサンブルVox Oneを結成。現在ボストン在住。