日本で、世界で、グローバル市民を育成する

JICUFが目指すもの

 第二次世界大戦後、日米のキリスト教界の指導者が団結して、神と人とに奉仕する人材を育成する大学の創設を目指しました。日本国際基督教大学財団(JICUF)は、この目標を達成するために1949年に米国・ニューヨークに設立され、同年、東京に国際基督教大学(ICU)が献学されました。その後ICUは日本を代表する大学の一つとなり、今も平和と和解の象徴であり続けています。

 今日、世界はかつてないほど深くつながり合い、気候変動から難民危機に至るまで、重大な課題に直面しています。JICUFは未来を見据え、「ICUと共に人類に貢献するグローバル市民を育成する」ことを使命としています。この使命を達成するため、人類全体にとって不可欠であるサステナビリティ、DEI (Diversity, Equity, Inclusion)、平和の構築の三つの分野に重点的に取り組んでいます。平和で持続可能な未来を切り開くグローバル市民のコミュニティを目指し、今後も多様な事業を展開していきます。

イベント・お知らせ

秋学期に助成金プログラムを再開します。詳細はこちらでご覧ください。

最新のブログ記事

ご寄付

Back to Top