コモン・グッド基金学生プロジェクト

CGG image

JICUFは、人類に貢献するグローバル市民を育成するという使命を鑑みて、コモングッド基金(CGG) 学生プロジェクトを開始します。2021年4月より、15人の学部生から成る学生委員会が100万円の資金を地域の非営利団体に提供します。このプロジェクトを通して、学生は資金の管理方法を学ぶと共にICUと地域社会の関係強化を図ります。CGGはICUサービス・ラーニング・センターとの3年間に渡る共同プロジェクトです。

皆様からのご応募をお待ちしています。ご質問はcgg@icu.ac.jpにお寄せください。

コモン・グッド基金学生プロジェクトとは?

オンライン説明会動画

以下のリンクでICUサービス・ラーニング・センターとJICUFが2020年12月8日に開催したCGGオンライン説明会の動画が見られます。

スケジュール

2021年3月に学生委員会を構成する15人の学部生を選考します。学生委員会は4月より活動を開始し、100万円の資金をICU周辺で活動する非営利団体に分配します。委員会はまず地域の非営利団体を調査し、諸団体に助成金の申請を募ります。その後申請内容を審査し、100万円の配分を決定します。

プログラムのタイムラインは以下の通りです。

1) 学生委員の選考(2021年3月)

学生委員会への参加を希望する学生はは2021年2月までに応募します。JICUFとサービス・ラーニング・センターが応募書類を審査し、2021年3月に15人の学生委員を発表します。委員会の任期は2021年4月から2022年3月までの1年間です。本プロジェクトの対象は学部生のみで、2021年6月卒業見込みの4年生は対象外となります。

2) オリエンテーションとトレーニング

学生委員は春学期にJICUFとSLCが開催するオリエンテーションとトレーニングに参加します。

3) 地域へのアウトリーチ

春学期から秋学期にかけて地域の非営利団体を調査し、諸団体に助成金の申請を募ります。

4) 助成金申請書の審査

秋学期から冬学期にかけて助成金申請書を審査し、100万円の分配先を決定します。

5) プロジェクトの完了とメンターシップ

学生委員会は助成金提供後、今後のCGGプロジェクト改善に向けて1年間の行動を振り返ります。任期を終了した学生は翌年の学生委員のメンターを務めます。

Back to Top