シリア人学生イニシアチブ募金キャンペーン

Photo from SPARK
この写真及びこのページの他の写真の学生がICUに留学するわけではありません。
Photo from SPARK この写真及びこのページの他の写真の学生がICUに留学するわけではありません。

シリア人学生イニシアチブをご支援ください

2017年6月、JICUFとICUは、内戦により高等教育の機会を失ったシリア人学生のための奨学金制度、「シリア人学生イニシアチブ(Syrian Scholars Initiative: SSI)」を設立しました。認定NPO 法人難民支援協会(Japan Association for Refugees: JAR)と連携し、2018 年9 月から2021 年9 月までの4 年にわたり、トルコに逃 れたシリア難民を合計6 名、ICUの学部生(9 月入学の4 年本科生)として受け 入れます。奨学生には、学部4 年間の学費、 寮費、検定料や入学金などの諸費用が免除される他、生活費の一部、トルコから日本への渡航費等が給付されます。このイニシアチブは最初の学生を受け入れる2018年から、最後の学生が卒業する2025年までの7年計画です。

Japanese SSI 7 year plan

2017年11月30日、ICUとJICUFは本キャンペーンにつき共同プレスリリースを発信しました。

募金キャンペーン期間

2017年11月〜2020年3月

募金目標額

Photo from Jusoor

1人の学生を1年間支援するために必要な額は、およそ2万5千米ドル(280万円)です。
6人の学生がICU で4年間の学部教育を受けるために必要な額は、諸経費を合わせると約65万ドル(およそ7,270万円)です。

JICUFとICUは6人の学生を受け入れる予定ですが、皆様のご支援が必要です。
6人のうち2人分の奨学金(20万ドル、およそ2,240万円)を皆様からのご寄付で 賄うことを目指します。是非ご協力ください!

2万5千米ドル x 4年間 x 2人 = 20万ドル(およそ2,240万円)

背景と目的

Photo from Jusoor

2011年に内戦が勃発して以来、シリアは世界最大の難民輩出国となり、2017年4月までに実に500万人の難民を生み出しています。多くの若者が高等教育の機会を奪われ 、「ロスト・ジェネレーション」 (失われた世代)となる恐れに直面しています。シリア難民のうち、18歳から22歳の大学生年齢の若者は約45万人で、このうち約 15 万人が大学進学の望みを断たれて いるという統計もあります。この緊急事態に対して世界各国の名だたる大学が難民学生の受け入れに取り組む中、ICUとJICUFも難民支援協会(JAR)と提携し、本奨学金を設立しました。

このイニシアチブの背景には、ICUとJICUFの使命と独特の歴史があります。第二次世界大戦終了間もない 1953 年、ICU は日米両国の多数の個人による善意のご寄付 をもって献学され、世界人権宣言に則り、恒久平和の確立に寄与する人材育成を使命としています。献学時に米国で資金を集め、以来 ICU を支援し続けてきた JICUF が「シリア人学生イニシアチブ」を ICU に提案し、難民支援の最前線で活動する JAR に協力を依 頼し、構想が実現しました。

このイニシアチブを通して、ICUとJICUFはシリア人奨学生及びその出身コミュニティのみならず、ICUをも資するものと考えています。シリア人奨学生は、キャンパスの国際性を高めてより豊かにし、一般の学生は彼らから学ぶ機会を得ます。さらに、このイニシアチブが難民を支える奨学金制度の一モデルとして、他の高等教育機関が同様のプログラムを導入するきっかけとなることを願っています。

Photo from Jusoor

2017年6月現在 世界では …

  • 強制移動を強いられた人は6,560万人
  • 難民は2,250万人
  • 難民の半分以上が18歳以下
  • 高等教育を受けられるのは難民の1%(世界の大学生年齢の若者の34%)

シリアでは …

  • 内戦が勃発した2011年には、大学生年齢人口の26.2%が高等教育を受けていた。
  • 15万人が大学に在籍していたか、合格していた。
  • 2015年3月時点で大学に在籍していたのはこのうちのわずか6%。

SSIに寄付をする

募金方法

米国はじめ世界からのご寄付(日本を除く)


オンライン

上のフォームからクレジットカードでご寄付ください。毎月の定期的なご寄付も可能です。


郵送

JICUF宛に小切手(パーソナル・チェック)をお送りください。メモ欄に”SSI”とご記入ください。
Japan ICU Foundation
475 Riverside Dr. Suite 439,
New York, NY 10115, USA


銀行振込
大きめの額のご寄付には、是非銀行振込をご検討ください。
まずはinformation@jicuf.org にご連絡ください。JICUFの口座情報をお送りします。

ご寄付の全額がSSIに当てられます。
JICUFは内国歳入法第501条c項3号に基づく公共慈善団体です。米国内在住の方は、JICUFへのご寄付は免税対象となります。全額SSIに当てられます。

日本からのご寄付

ICUの募金活動Webサイト「Friends of ICU」>「募金方法」よりご寄付をお申し込みください。

Photo from Jusoor
Photo from Jusoor

皆様からのご寄付の用途

学生1人を1年間支援するために必要な額=およそ280万円(2万5千ドル)

内訳(主要経費のみ):
・学費 = 108万円
・生活費 = 67万円
・寮費 = 55万円
・施設費 = 34万円
・保険 = 8,500円


上記に加え、初年度には以下の経費もかかります。
・トルコから日本への航空券 = 10万円
・夏期日本語講座 = 31万円

ありがとうございます/ شكرا

ご支援いただきありがとうございます。

Photo from Jusoor