D-kan Renovation Matching Fund Campaign

We invite you to join JICUF and ICU in raising funds for the renovation of Diffendorfer Memorial Hall. For over 60 years, Dkan has been a central hub for ICU students. ICU has recently completed extensive renovations so that students will be able to enjoy and utilize the building well into the future. As part of the campaign and as a sign of our abiding partnership with ICU, JICUF is pleased to offer a matching gift program. The Foundation will match every donation it receives to the Dkan renovation campaign up to $200,000.

Double your donation to D-kan!

  • All gifts to D-kan will be matched by JICUF up to $200,000.
  • Donors of any amount will be honored in a print edition of “The ICU” newsletter, among other ICU and JICUF commemorative media.
  • The names of donors who contribute 100 USD or more will be engraved on an honorable recognition plaque to be installed in D-kan. 
  • Donors who contribute 1,000 USD or more will receive a special commemorative gift upcycled from the glass used in D-kan. Please refer to “Special Commemorative Gift” section on the Friend of ICU website.
 

Message from Masako Shinn

Dear ICU Alumni & Friends,

Since it opened its doors in 1958, D-kan has been a hub for thousands of students. I am one of those students. I fondly remember the countless hours I spent in D-kan.

Please join us in ensuring that the next generation of ICU students can also enjoy a building where they can collaborate and work together on common interests.

Thank you for your consideration.

  Masako Shinn
  ICU Class of 1975
  JICUF Board of Trustees
  Chair, Advancement Committee

 

Donation Form

* For donors who plan to contribute 100USD or more: Please check the “Write us a comment” box and enter the preferred spelling of your name to be engraved on the recognition plaque. Japanese characters and romaji are both acceptable formats. *

Love D-Kan Facebook Feed

In 2018, the “Love D-Kan 60 Festival” was organized to commemorate the 60th anniversary of the construction of D-kan. The following Facebook page was published by alumni volunteers to coincide with the celebration. It has since been rebranded to “Love D-kan”, and the feed continues as a hub for D-kan related updates and memories. If you would like to share a memory of D-kan, please click this link to join the group and make a post!

Facebook Posts

3 months ago

Love D-Kan
D館東棟工事が完了し新学期に再開館されます。その前にSNEAK PEAK!😀 ... See MoreSee Less
View on Facebook

3 months ago

Love D-Kan
D館のグループ募金のちらしができました。 ... See MoreSee Less
View on Facebook

8 months ago

Love D-Kan
ID84(28期)の長井です。思い出はいろいろありますが、出来ることならD館と新たな思い出も創りたいです。だってまだまだ現役だもーん。だから、OBOGや地域社会にも施設利用開放して欲しいんです。施設使用料はちゃんと募金に組み入れていただけるくらいお支払いしますから。よろしくご検討ください。 ... See MoreSee Less
View on Facebook

8 months ago

Love D-Kan
【お知らせ】 Love D-Kan 60 Fest.からLove D-Kanへ!こんにちは。Love D-Kan 60 Fest.は陰から応援させていただいた、ID80長谷川(吉野)攝からのお知らせです。現在は、同窓会の大学・募金部担当副会長を務め、仲間たちと大学や同窓会の情報発信や大学募金の応援活動をしています。2018年のLove D-Kan 60 Fest.で還暦を祝ったD館(D館東棟(旧D館))は「今と未来のICU生たちにつなぐ」ための修繕工事「Project D」が進行中。ヴォーリズ建築としての歴史的価値や同窓生にとって懐かしい細部も大切にしたプロジェクトです。これを契機に、このFacebookページは名称を「Love D-Kan 60 Fest.」から「Love D-Kan」へ変更しました。懐かしいD館、これからのD館についての発信や、D館を愛しむ同窓生交流の場としてご利用ください。ちなみに、私は2階に部室があった国問研(国際問題研究会)の幽霊部員、FEP(今は、English for Liberal Arts…ELAだそうです)を卒業してセクメ(セクションメート)と繋がれなく寂しくて、ラウンジで過ごすことが多かったなぁ。皆さんはどんな思い出がありますか、ご投稿ください! ... See MoreSee Less
View on Facebook

8 months ago

Love D-Kan
【シェア・拡散歓迎】D館修繕募金のお知らせLove D-Kan 60 Fest.にご参加された皆さまこんにちは。ID 92で、Love D-Kan 60 Fest.は唯一のクラッシック系としてハンドベルで登場させていただきました、松山(塚本)亜紀と申します。現在、同窓会の評議員で募金活動に関わっております関係で、みなさまにこちらで少しお知らせをさせてください。2018年に皆さまと懐かしのD館で集ってから約3年。あの頃から世の中がこのように変わってしまったことを思うと、あのタイミングで、思い出を振り返り、旧交を温められたことは本当に貴重な機会だったと、企画・運営、そしてご一緒して下さった皆さまには心から感謝を申し上げます。そして、この度、同窓会を通じて、その思い出の旧D館の修繕募金のご案内がありました。この機会に、思い出を未来に繋げる活動を応援しませんか。ご自身の所属団体、同窓生の皆さんへの共有もぜひよろしくお願いします。www.facebook.com/icualumniassociation/posts/6148590598546679同窓会から、ICU「教育施設の整備 D館東棟修繕募金」寄付募集のご案内です。多くの同窓生にとって、特別な思い出の場である「旧D館」。そんなD館も1958年の竣工から63年、還暦をこえ、大切な学生生活の場として、今と未来のICU生たちのための改修工事が進められています。D館に思い入れのあるみなさん、ぜひこの取り組みを見守り、そして募金を通じて応援してください!大学のFriends of ICU「D館東棟修繕募金」寄付のお願い(メッセージや歴史的建造物としての解説なども!): office.icu.ac.jp/giving/diffendorfer.html同窓会ニュース: www.icualumni.com/news/13937 ... See MoreSee Less
View on Facebook

3 years ago

Love D-Kan
急に寒くなりましたね。さて、先日の寄付に対して大学より礼状と領収書が届きましたのでご報告します。改めてご協力ありがとうございました‼皆様良い年をお迎えください😊 ... See MoreSee Less
View on Facebook

4 years ago

Love D-Kan
Love D-Kan 60 Fest. 2018年11月10日Music Day 11日Performing Arts Day無事終了!最終報告両日ともお天気に恵まれ、大勢の観客の皆さんに足を運んで頂き、無事D館フェスティバルを開催しました。青春時代に戻ったかのような出演者の皆さんのドキドキ、ワクワク感にD館が包まれ、大変素晴らしいイベントになったと思います。両日とも、矢嶋直規D館長に開演の挨拶をして頂きました。初日はMusic Day。学生時代にメロディ・ユニオン、MMS、小劇場、ハンドベルなどのクラブで活動し、卒業後も音楽活動を続けていたOBOG有志による7つの音楽ユニットが参加しました。タイトルコールにジョン・カビラ氏が声で出演、メッセージも寄せて下さいました。2日目はPerforming Arts Day、今年度でICUを退職される大西直樹教授のピアノ演奏と、プロのダンサーとなった金子礼二郎さん (ID90) のオリジナル・コンテンポラリー・ダンスの舞台。大西先生は学生時代も含めて50年にわたるICU生活で、最初で最後のD館の舞台。金子さんはこの日が現役ダンサーとして最後の舞台、大勢のファンがそれを見届けようと集まり、熱気に包まれた舞台となりました。両日を通して、出演者やスタッフを含め参加者は400人以上、現役学生の音響集団にも協力頂きました。参加料収入から開催経費を控除した残額は切りよく15万円となりました。これはD館を含む大学の教育施設の保守・修繕のためと使途を指定して、大学に寄付します。D館の安倍健太郎さん、岸本誠学生サービス部長、その他多くのご協力下さった皆様、本当にありがとうございました。Love D-kan 60 Fest. 事務局長井延裕、大西錦城、奥村尚子 ... See MoreSee Less
View on Facebook

4 years ago

Love D-Kan
Untitled album ... See MoreSee Less
View on Facebook

4 years ago

Love D-Kan
11日にダンサーとして最後の舞台に立った金子礼二郎さん。たくさんのファンの皆さんが最後の舞台を見ようと集まり、D館は異常なほどの熱気に包まれました! ... See MoreSee Less
View on Facebook

4 years ago

Love D-Kan
ウン十年ぶりにD館の舞台に立った皆さん、口々に当時はものすごく大きいと思ったけど、意外に小さいなあ、との感想。しかしいざ舞台に立つと魔物が住んでいたそうです。でも皆さん本当に楽しそう! ... See MoreSee Less
View on Facebook

4 years ago

Love D-Kan
お天気にも恵まれ、10日11日の2日間にわたるD館フェスティバル、無事開催致しました。両日とも熱気に包まれた素晴らしいイベントとなりました。出演者の皆様、そして観に来てくださった観客の皆様、本当にありがとうございました。10日、Music Day のプログラムです。写真も後ほどアップします。とりあえず小さな大西先生の写真だけアップ!*** プログラム ***1.ベル・クオレ「水上の音楽」より アレグロ・マエストーン  G.F. Handel (arr. F. L. Callahan) G線上のアリア  J.S. Back (arr. H. H. Hopson) 希望の讃歌 C. Dobrinski「交響曲第9番」より 歓喜の歌 L. v. Beethoven (arr. A. B. Sherman)2.Swingout Brothers & Sisters Bud Powell Chick Corea Tell me a bedtime story Herbie Hancock This Masquerade Leon Russell Strasbourg Saint Denis Roy Hargrove3.One Night Show「ロッキー・ホラー・ショー」より タイム・ワープ  1986年に上演したミュージカルの映像も上映4.ゴトー・ウィズアウト・カメレオンズ Back in the ICU Days ラジオ賛歌 部分的にビートルズ プライオリティ ブルースと言えば   すべてゴトーさんのオリジナル曲5.Rixies Dance With Me Orleans All By My Self Eric Carmen I’m Not In Love 10CC Space Oddity David Bowie Badge, Cocaine Eric Clapton Listen To The Music The Doobie Brothers* 椎野工 アイリッシュ・ミュージック バイオリン演奏6.Slacks No Matter What Badfinger When You’re Gone Bryan Adams Knock On Wood Eddie Floyd Take It Easy The Eagles Desperado The Eagles7.TBA On the Move Pick up the Pieces  Rikki Don’t Lose That Number  Ziggy Stardust  Wallflower  I Can’t Turn You Loose  Sweet Home Chicago  ... See MoreSee Less
View on Facebook

4 years ago

Love D-Kan
今日はとっても良い天気です。ただいま本番前リハーサル中!皆さんとっても楽しそう✨事前申し込みなくても大丈夫ですので、フラッとお立ち寄りください‼ ... See MoreSee Less
View on Facebook

 

Back to Top